女性

人事労務管理システムを導入してさまざまなメリットを受け取ろう

スマホをいじる

人手不足によってギリギリの人数で業務を分担しなければならない場合、少ない人数で仕事を早く終わらせるには、業務を効率化しなければいけません。
面倒だと思ってもやらなければならない人事や労務管理を効率化させたいのであれば、人事労務管理システムを導入すると、人事、労務管理が効率化できて面倒な仕事から解放されます。
人事労務管理システムを導入すると、さまざまな書類の入力作業や書類作成、データのチェックや管理といった作業が楽に済ませることが可能となります。
書類を文字起こししてデータとして残せるのでペーパーレス化が実現でき、データとして残した資料などは、高いセキュリティのサーバーへと保存されるので情報の漏えいの心配もありません。さらに、資料へのアクセスは簡単で、いつでもどこにいてもチェックすることが可能です。
会社のスケジュール管理や給与明細のWEB発行など、人事労務管理システムにはその他にもさまざまなメリットがあります。
業務を効率化し、生産性を高めるためにも人事労務管理システムを導入し、業務の無駄を省いて働きやすい職場を目指しましょう。そして、利益を上げて普段頑張っている職員へ還元しましょう。

書類処理が多い人事の仕事!労務管理システム導入でペーパーレス化へ

どのような業種の会社でも、雇用に関する人事や労務に関する業務は必ず発生します。会社によってその業務を担う課や部署には差があり、小規模であれば兼務して行っている場合もあります。その主な業務をあげると、社員やパートなどの入退社時の手続き、日々の勤怠管理、給与の計算から支払い、福利厚生などに関する各種手続きなどがあります。その他にも労務に関する細やかな業務が多々あり、労務管理の人員が少ないと煩雑になりがちです。
特に人事の労務管理業務では、書類の処理に追われる傾向があります。特に人の出入りが激しい時期は入退社の書類づくりに追われ、その上毎月の給与計算と重なると、かなり煩雑になります。さらに賞与時期や年末調整月なども、その計算や事務処理が大変です。書類はファイル化して管理しますが、その取り出しも面倒な作業です。そんな書類処理が多い人事の仕事が、ペーパーレス化できたら格段に楽になるでしょう。
最近はそのような人事の仕事の煩雑さを解消する方法として、人事労務管理システムを導入する会社が増えています。書類ではなくパソコンで一元管理できるシステムで、確実にペーパーレス化が図れます。簡単操作で様々な労務管理が行えますから、人事業務の省力化や効率化に大きく貢献してくれます。

外出先や出張先からの勤務状況や残業申請の管理はデジタル化しよう!

社員の勤務時間の確認や残業申請をExcelや書面で承認するといったことを行っていませんか?しかし、外出先や出張先から確認することができず、事後承認となってしまうだけでなく、不適切な残業時間の増加にも繋がります。そこで人事労務管理システムを導入し、ネット環境を利用すればスマートフォンやタブレット端末で勤務状況を確認でき、残業申請の承認もリアルタイムで行うことができます。
社内ルール上、残業を行う際には管理者の承認が必要となる場合、承認が得られず期限がある業務を行えないという事態に繋がります。また、許可を受けていない残業状況が後回し問題となるだけでなく、事後承認の場合は急ぎでない仕事に対する残業を許可せざる負えなくなります。しかし、人事労務管理システムは、リアルタイムで勤務状況を確認でき、社外からでも社員が出社していることを確認できます。また、残業申請の有無もスマートフォンやタブレット端末にメール通知され、社員が伺いの電話を行うといった無駄がありません。
そのほかにも、人事労務管理システムは緊急時の連絡先など社員に万が一のことがあった場合でも、素早く対応することができます。休暇中、もしくは交代勤務中に緊急の連絡が必要となった場合でもデジタルで管理していた場合は連絡が取れないといった事態も回避できます。


年々厳しくなる人事の労務管理はネットで簡単に済ませましょう!未だに手書きなんてありえない!賢くネットを使って効率的に管理しましょう!

最新情報

  • 人事労務管理をアナログからデジタル化し業務効率を改善しよう!

    人事労務管理部門で、業務効率を改善する要素が見つからないと考えていませんか?毎月、給与計算や保険料などの計算に膨大な時間がかかり、残業時間も月30時間に達するというのではあれば、人事労務管理シス…

    もっと読む
  • 労務管理部門のコスト低減に専用システムを導入しよう!

    製造メーカーなどの場合、コスト低減のために様々な効率化を図っており、会社の収益アップのための努力を行っています。一方、人事や労務管理を行う部門では大勢いる社員を管理するため膨大な時間がかかるもの…

    もっと読む
  • 人事労務管理システムで業務の無駄や無理を改善しよう

    現在、日本では働き方改革が推進されており、企業では社員の負荷軽減も重要な課題となっています。しかし、人事や労務管理部門においては社員の労務管理を行うことが重要となり、管理をする必要のある社員数が…

    もっと読む
  • 勤務時間の管理業務にかかる負荷軽減は人事労務管理システムで!

    社員の勤務時間を日々監視し、残業時間が36協定を超える、もしくは目標値である閾値を超えそうな場合、管理担当者が各部門長へ通知するといった業務体制になっていませんか?結果、監視のために貴重な人材を…

    もっと読む
サイトマップ
TOP