女性

人事労務管理をアナログからデジタル化し業務効率を改善しよう!

人事労務管理部門で、業務効率を改善する要素が見つからないと考えていませんか?毎月、給与計算や保険料などの計算に膨大な時間がかかり、残業時間も月30時間に達するというのではあれば、人事労務管理システムを導入し業務における無駄を解消しましょう。
人事労務管理部門で多いのが、業務をデジタル化できておらずアナログで管理をしていることです。パソコンやワークフロー申請などを導入してデジタル管理を行っているというのは、業務本質における無駄を省いています。身上変更届や年末調整、健康保険の申請などを書類提出するといったことを行っていませんか?労務管理を行う上で、紙ベースでのアナログ管理が多く残っており、記載された情報を転記するといった作業が膨大となり、労務時間を増やしてしまいます。しかし、人事労務管理システムを利用することで、申請書の転記入力といった無駄な作業がなくなります。また、紙ベースでの管理は、再度記載情報を確認する際に社員から提出された書類を探すといった作業を生じさせてしまい、探すだけで無駄な時間となります。ですが、人事労務管理システムの場合、社員ナンバーを入力したり、氏名検索するだけで膨大なデータから特定のデータを取り出すことができます。人事労務管理部門では、紙ベースでのアナログ管理からデジタル管理で業務効率を改善するのが重要です。

最新情報

  • 人事労務管理をアナログからデジタル化し業務効率を改善しよう!

    人事労務管理部門で、業務効率を改善する要素が見つからないと考えていませんか?毎月、給与計算や保険料などの計算に膨大な時間がかかり、残業時間も月30時間に達するというのではあれば、人事労務管理シス…

    もっと読む
  • 労務管理部門のコスト低減に専用システムを導入しよう!

    製造メーカーなどの場合、コスト低減のために様々な効率化を図っており、会社の収益アップのための努力を行っています。一方、人事や労務管理を行う部門では大勢いる社員を管理するため膨大な時間がかかるもの…

    もっと読む
  • 人事労務管理システムで業務の無駄や無理を改善しよう

    現在、日本では働き方改革が推進されており、企業では社員の負荷軽減も重要な課題となっています。しかし、人事や労務管理部門においては社員の労務管理を行うことが重要となり、管理をする必要のある社員数が…

    もっと読む
  • 勤務時間の管理業務にかかる負荷軽減は人事労務管理システムで!

    社員の勤務時間を日々監視し、残業時間が36協定を超える、もしくは目標値である閾値を超えそうな場合、管理担当者が各部門長へ通知するといった業務体制になっていませんか?結果、監視のために貴重な人材を…

    もっと読む
サイトマップ
TOP