女性

人事労務管理システムで業務の無駄や無理を改善しよう

現在、日本では働き方改革が推進されており、企業では社員の負荷軽減も重要な課題となっています。しかし、人事や労務管理部門においては社員の労務管理を行うことが重要となり、管理をする必要のある社員数が多いほど管理側の業務負荷が高くなります。働き方改革を推進する社内部門が改革できないということは、適切な対応を行う余力も損なわれてしまい、社員への影響も避けられません。そこで、人事労務管理システムを導入して改善を行ってみませんか?
人事労務管理システムは、人事や労務管理部門で負担となっている計算や集計、人員配置や人件費計画にかかる時間を大幅に短縮できます。例えば、給与支給では銀行の振込手数料が安い給与振込を利用する場合、支給日の3営業日前にデータを銀行に送信する必要があり、期限に間に合わせるため残業時間が増えます。また、住民税の場合は5営業日前となるため、年末年始や年度末、長期連休前には負荷が増大します。ですが、人事労務管理システムを導入した場合は計算が自動化され、銀行へ送信する給与や住民税のデータも自動生成されるため、結果として残業時間を低減することができます。社員数が多いほと、人事労務管理システムによる恩恵は大きく、計算対応のために多くの担当者が必要となっていた状況であった場合、必要最小限に抑えられ、人員をパワー不足の部門へ振り向けることも可能になります。

最新情報

  • 人事労務管理をアナログからデジタル化し業務効率を改善しよう!

    人事労務管理部門で、業務効率を改善する要素が見つからないと考えていませんか?毎月、給与計算や保険料などの計算に膨大な時間がかかり、残業時間も月30時間に達するというのではあれば、人事労務管理シス…

    もっと読む
  • 労務管理部門のコスト低減に専用システムを導入しよう!

    製造メーカーなどの場合、コスト低減のために様々な効率化を図っており、会社の収益アップのための努力を行っています。一方、人事や労務管理を行う部門では大勢いる社員を管理するため膨大な時間がかかるもの…

    もっと読む
  • 人事労務管理システムで業務の無駄や無理を改善しよう

    現在、日本では働き方改革が推進されており、企業では社員の負荷軽減も重要な課題となっています。しかし、人事や労務管理部門においては社員の労務管理を行うことが重要となり、管理をする必要のある社員数が…

    もっと読む
  • 勤務時間の管理業務にかかる負荷軽減は人事労務管理システムで!

    社員の勤務時間を日々監視し、残業時間が36協定を超える、もしくは目標値である閾値を超えそうな場合、管理担当者が各部門長へ通知するといった業務体制になっていませんか?結果、監視のために貴重な人材を…

    もっと読む
サイトマップ
TOP