女性

勤務時間の管理業務にかかる負荷軽減は人事労務管理システムで!

社員の勤務時間を日々監視し、残業時間が36協定を超える、もしくは目標値である閾値を超えそうな場合、管理担当者が各部門長へ通知するといった業務体制になっていませんか?結果、監視のために貴重な人材を割き、他の業務に専念できない状況となっているなら人事労務管理システムを導入して効率化を図ってみませんか?
人事労務管理システムは、社員一人一人の既定の勤務時間の管理から残業時間の管理まで自動管理することができます。36協定に基づく勤務時間、目標とする値に達した場合、人事労務管理システムが自動的に各部門長および社員に対してアラート通知を行うことができます。エクセルや申告書式の場合、全てが事後となり集計の結果、大幅に勤務時間がオーバーし、社員のワークライフバランスを守ることができません。しかし、人事労務管理システムは担当者の監視を必要とせず、設定値に達してしまうことを未然に防げます。
各部門長は、リアルタイムで負荷状況を把握でき、適切な業務分担を再検討することが可能になります。また、人事部門はアラート情報を活用することで人事異動計画を適切なものにできるといった効果も期待できます。これまで労務管理に専属していた社員は、働き方改革や労働災害防止対策などに労力を振り向けられ、ネガティブコストの発生も抑制できます。

最新情報

  • 人事労務管理をアナログからデジタル化し業務効率を改善しよう!

    人事労務管理部門で、業務効率を改善する要素が見つからないと考えていませんか?毎月、給与計算や保険料などの計算に膨大な時間がかかり、残業時間も月30時間に達するというのではあれば、人事労務管理シス…

    もっと読む
  • 労務管理部門のコスト低減に専用システムを導入しよう!

    製造メーカーなどの場合、コスト低減のために様々な効率化を図っており、会社の収益アップのための努力を行っています。一方、人事や労務管理を行う部門では大勢いる社員を管理するため膨大な時間がかかるもの…

    もっと読む
  • 人事労務管理システムで業務の無駄や無理を改善しよう

    現在、日本では働き方改革が推進されており、企業では社員の負荷軽減も重要な課題となっています。しかし、人事や労務管理部門においては社員の労務管理を行うことが重要となり、管理をする必要のある社員数が…

    もっと読む
  • 勤務時間の管理業務にかかる負荷軽減は人事労務管理システムで!

    社員の勤務時間を日々監視し、残業時間が36協定を超える、もしくは目標値である閾値を超えそうな場合、管理担当者が各部門長へ通知するといった業務体制になっていませんか?結果、監視のために貴重な人材を…

    もっと読む
サイトマップ
TOP